2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.31 (Sun)

週刊 エラ呼吸の達人



ウンコします





間違えました





告知します















TEPPEN.76 テッペンカレッジ


日時:5月31日(日)
   開場18:40 開演19:00
場所:なかの芸能小劇場
料金:学生800円 一般1000円














今日です




大学生芸人ばかりのお笑いライブです




僕らは相変わらずへっぽこですが、他の大学生芸人さんは皆さん面白いので宜しければ是非
スポンサーサイト
01:28  |  告知  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.29 (Fri)

月刊 はと胸クルッポー



寝る、起きる、落ちる。




それが、僕の全てだ。















多くの同年代の自殺者がそうであるように、僕が高校の中庭を自らの血で染め上げてやろうと思った、その最たる要因がクラスメイト達のいじめだ。




ただ、僕の場合は他のそれと要因こそは同じでも、その本質は全くもって異なる。




というのも、僕の自殺はいじめの辛さや苦しみの延長線上にあるのではなく、




ただ単に、学校の連中のあまりのアホさと、そのアホな学校の連中がのうのうと生きていける世の中にほとほと嫌気がさして、




そして、その不満を一人歩きさせてたら、いつの間にかに自殺に辿り着いてしまっただけなのだ。








どういう訳か、うちのクラスメイトは絶望的にアホなやつばかりだった。




上履きではなくて下駄箱を隠すし、椅子の上には画びょうではなくてアポロチョコを置く。




机の上なんかは花が置かれ過ぎて観光スポットみたいになってしまって、放課後になるとアホカップルがそれを愛でにきたりしている。




あと、メガネをかけているから、という理由だけで僕のあだ名は『甚六さん』になった。チョイスが悲しい。




クラスの大半、というより、学校の大半がこういう連中で構成されているため、マトモな人間である僕が異端者となって迫害を受けるようになるのは、至って自然なことだったのだろう。




まぁ、簡単なことだ。




僕の学校の連中が特殊過ぎるというのもあるが、基本的に、自分以外の人間は頭の中がウエハースみたいにサックサクなのだ。




どいつもこいつも、アホなのだ。




そんな奴らが社会に飛び立って、世界を回すのだ。




そう考えると、全てがアホらしくなってきた。




僕は、学校に幻滅し、社会に絶望し、世界に見切りをつけた。









そして、僕は、屋上から飛び降りた。











それから、一体どれ程の時間が流れたのだろう。




一ヶ月かもしれないし、一年かもしれないし、ひょっとしたら十年以上も経っているかもしれない。







僕はまだ、落ちている。







何も、うちの学校が地球からはみ出しでしまうレベルの超高層建築物であるという訳ではない。




もしそうだとしたら、高学年の制服が宇宙服に指定されるだろうし、給食も宇宙食になるだろうし、飛行機どころか月の公転も妨げることになりかねないし、防災訓練が物凄く時間がかかる。







原因はさっぱり分からないが、何かしらの次元の歪みが発生してしまい、僕は文字通りに転落し続ける人生を歩むことになってしまったようだ。




いや、転落という表現も正しくは無いだろう。




転ぶために必要な地面も、もう僕にとっては蜃気楼のような幻影になってしまったのだから。








時間の流れが止まってしまっていることにも、すぐに気付いた。




いつまで経っても5月のけだるい昼間の空のままだ、というのもあるが、本当の理由は単純に僕が腕時計を付ける習慣があったからだ。




時計は、13:25、と表示したまま止まってしまっている。




これがGショックだったら、落ちた後もちゃんと使えるのかもしれないが、時間が止まってしまってはGショックだろうが何だろうが使えないことに変わりはない。




何故こうなったかはわからないが、おそらく、屋上から地面にぶつかるまでの刹那、それが何らかの力で切り取られて、僕だけが時間の外側に放り出されてしまったのだろう。




ご丁寧なことに、僕の体内の時間の流れまでもがストップされたのか、腹が減ったり便意を催すなどの生理現象も全く起きなくなった。




その為、落下中に餓死するという世にも奇妙な死に方をすることも出来なくなった。










かくして、僕は今日も落ちている。




人生も振り返りすぎて、最近では、人生を振り返るという人生を振り返るという、袋小路にはまってしまっている。




地面は相変わらず僕と一定の距離を保っているし、屋上もまた然りだ。




世界はあの日から夜を忘れてしまっているし、何より、僕を忘れてしまっている。






僕は、このまま永遠に落ち続けるのだろうか?




僕は、死ぬことさえも出来なくなってしまったのだろうか?




わからない。




わからない。




わからない。




わからない。




わからない。




わからない。




わからない。




わからない・・・。
















そんな僕に、唯一わかること。






それは





















この話は、落ちているくせに、全くオチていないということだ。
00:57  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.27 (Wed)

ゲレンデ溶けるほど乾布摩擦したい



すっごい











今日




一言も喋らなかった













なにがすごいかって





そういう日が普通に結構あるってことだ









自分がこわい
23:34  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.05.25 (Mon)

カリスマ琵琶法師



ハンムラビ法典のハンムラってなんかエロい




広永です








昨日はスキニーかまぼこさん主催のライブに出させていただきました




最後の合同コント中にチョコを食べたら予想以上に気分が悪くなったことを除けば、全体を通してとても楽しく舞台に立つことが出来たと思います




普段はあまり出来ない長めの尺のコントが出来るということもあって、短いものを作るのが下手な僕らはいつもよりわりとイキイキしていました




良いライブでした




また、こういう色の舞台に出たいものです













打ち上げ後、終電を逃してしまっので、そのまま朝まで一睡もしないで仏教の地域貢献という授業に出ました




ずっと意識が朦朧としていて、内容が全く頭に入らなかったです




そして、授業が終わった後にノートを見返したら、そこに今日のブログのタイトルがメモされてました








今日の授業はちゃんと聞くべきだったと激しく後悔しました
23:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.05.23 (Sat)

ベルトコンベアで流されるひいおばあちゃん



~食の可能性について考えてみよう!~












〈こんがり焼いたら意外に食べれそうなもの〉






・PASMO



・ハードタイプのコンタクトレンズ



・処女膜



・短針



・ピアノの黒い鍵盤



・丘サーファー



・週刊 安土城をつくる



・アルマジロの背中



・目の上のたんこぶ



・宮城県











〈コトコト煮込んだら意外に食べれそうなもの〉






・核家族



・みどりの窓口



・使い込まれた一塁ベース



・従軍慰安婦



・スフィンクスの顔の横についてるやつ



・ト音記号



・演歌歌手の泣きボクロ



・日光猿軍団



・モアイ像の下唇



・三重県











〈カラッと揚げたら意外に食べれそうなもの〉






・魚の目



・マトリョーシカの3番目以降



・受精卵



・土星の輪っか



・隠れプラーク



・まきびし



・スネ夫の前髪



・句読点



・選りすぐりのリアス式海岸



・埼玉県











〈じっくり蒸したら意外に食べれそうなもの〉






・東京モード学園



・コックが付けてる帽子



・低反発まくら



・優先席



・雨上がりのパパイヤ鈴木



・ぼのぼの 全巻



・歯周ポケット



・お相撲さんのかかと



・女子十二楽坊



・富山県
23:52  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.05.21 (Thu)

今週の目標:羽音が大きい虫に、必要以上にビビるのはやめよう。



当方、ネタを書く際に台詞を小さく暗唱する癖がありまして




今日も無意識のうちにそれをやってしまってたみたいで




マックで僕の隣のテーブル席に座っていた女性が席を移動してました



















初めて僕が女性に意識された瞬間でした
22:47  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.18 (Mon)

ノルウェイの轟



朝起きたら、左手のお父さん指とお兄さん指がケンカしていました




何でも、お兄さん指がミュージシャンになると言って聞かないようです








「バカなことを言うな!お前は父さんの跡を継いで親指になるんだ!」




「親指なんかになってたまるか!俺は俺だ!」




「大体、ミュージシャンなんかで食っていける筈がないだろ!」




「そんのやってみなきゃ分かんねぇだろ!俺は絶対にミュージシャンになるんだ!」




「大体、お前、ギターだって弦を抑えることしかできないだろ!」




「う・・・!」




「それも、父さんや母さんや姉ちゃんがいてやっと抑えられるっていうのに、お前ひとりじゃ何も出来ないだろ!」




「・・・う、うるせぇ!」




「お前はな、考えが浅はかなんだ!爪が甘いんだ!」




「黙れ!」




「ミュージシャンになって落ちぶれたら、人から後ろ指を指されるようになるんだぞ!?」




「んなもん分かってるよ!でも、同世代くらいのミュージシャンが活躍してるとこを、ただ指をくわえて見てるなんて俺にはできねぇよ!」




「現実を見ろ!ミュージシャンなんて、その中でも屈指の才能がある者だけしか食っていけないんだぞ!」




「・・・才能・・・?」




「そうだ、才能だ。」




「・・・・・・・親父。俺の歌、聞いたことねぇだろ・・・?」




「ああ、無い。お前の青臭い歌なぞ、興味も無い。食指が動かん。」




「じゃあ聞かせてやる・・・。そして、分からせてやる!能ある鷹は爪を隠すってな!」




「ふん・・・じゃあ、歌ってみろ・・・」




「・・・それでは、聞いてくれ・・・『おはなしゆびさん』・・・・・この指パパ♪ふとっちょパパ♪やあ!やあ!やあ!やあ!ワハハハハハハ!おはなしする!」




「・・・・・・」




「・・・どうだった・・・?」




「・・・今まで、父さんが聞いた曲の中で・・・・・・・3本の指に入るな・・・・」




「・・・・え・・・?じゃ、じゃあ・・・・!?」




「・・・行ってこい!音楽業界に、爪跡を残してやれ!」




「ああ・・・約束するよ!指切りだ!」




「やるなら、絶対に諦めるんじゃないぞ!もし諦めたら、ケジメつけろよ!」




「もちろんだ!その時は、指を詰めてやるよ!」




「よし!・・・行ってこい!」




「ああ!」












手に汗を握る展開で




全く僕の手に負えない状況でした




おかげでその間、ずっと他のことに手がつきませんでした




全く




手のかかる手です
23:55  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.05.16 (Sat)

限りなく透明に近い車だん吉



ペリカン「助けてくれてありがとう!」




浦島太郎「・・・・いや・・・・・まぁ・・・・・はい・・・・・」




ペリカン「お礼に、クチバシあげるよ!」




浦島太郎「・・・・・・いや、いいです」




ペリカン「え?なんで?」




浦島太郎「なんでって・・・ほら、ぼく人間じゃないですか」




ペリカン「関係無いよ!この際、顔面鳥人間になっちゃいなよ!」




浦島太郎「はぁ・・・」




ペリカン「このクチバシがあったら便利だよー!」




浦島太郎「そうですかねぇ」




ペリカン「広々とした収納スペースを活用できて、生活空間に余裕が生まれるよ!」




浦島太郎「まぁ・・・魚とかいっぱい入りますしね」




ペリカン「あと、パン食い競争では常に無敵だし、そのままで水遁の術も出来るし、投げキッスの距離からのフレンチキスも可能だよ!」




浦島太郎「うーん。そう言われると、欲しくなってきたなぁ」




ペリカン「でしょ!?じゃあ消毒とかしなきゃいけないから、あとで家に届けるね!」




浦島太郎「お願いします」

















こうして、ペリカン便が生まれましたとさ。


めでたしめでたし。
23:55  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.13 (Wed)

品種改良により、ドラゴンボールの人工栽培が可能になりました



やあ!みんな!




ぼくは告知くんさ!




このブログでライブの告知をすることが仕事なんだ!




だから、基本的には無職なんだ!




普段は、もっぱら凄い勢いでズボンを脱いだり履いたりしているよ!




そんなぼくが今日はライブの告知をしちゃうぞ!













こういう色~灰色のパーカーが似合う人たちのお笑いライブ~


日時:5月24日(日)
   開場18:00 開演18:30
場所:漫画喫茶 漫楽園(神保町)
料金:500円(フリードリンク付き)
出演:一番しぼり、かくばりロール、外道、ここなっつ、スキニーかまぼこ、寺田寛明、なげっぱなしジャー団、ネポンしげる、ヤマシモ、ヨージ


*スキニーかまぼこさん企画のライブです。










臭うじゃないよ!似合うだよ!




スッキリかえるぴょこぴょこさんじゃないよ!スキニーかまぼこさんだよ!




タイトル通り、灰色な人達ばっかりが集まるよ!




だけど、広永くんは灰色のパーカーを一着も持ってないんだって!




万死に値するね!










TEPPEN.76 テッペンカレッジ


日時:5月31日(日)
   開場18:40 開演19:00
場所:なかの芸能小劇場
料金:学生800円 一般1000円








大学生芸人ばかりが集まるライブだよ!




だから、熟女だとか未亡人だとか団地妻だとか




そういうのを見たい人達は違うところに行ってね!












というわけで、今のところはこの2つだけだよ!




観に来てくれる人は、このブログに書き込んでね!






それじゃあ、ぼくは仕事が終わったから帰るね!




バイバーイ!


















ネタ考えます
23:52  |  告知  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.05.12 (Tue)

ニュースです。国内でのカニの漁獲量は、蟹江敬三の朝起きた時のコンディションに比例することが判明しました。



今月の24日と31日にライブに出ます








というようなことを明日書きます









ここんとこは、吸ってばかりの毎日です




本当は、吐き出すこともしたいのですが











とりあえず、またどうでもいいことを考える事から始めてみます
23:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.10 (Sun)

ズッキーニの魅力に迫る90分スペシャル



レオちゃんさん


永野さん






レオちゃんさん


永野さん






レオちゃんさん


永野さん

















そして、ヨージさん
23:19  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.05.08 (Fri)

わかめごはんの向こう側



北区にお住まいの駅前留学に絶大の信頼を寄せる皆様こんばんは




元図書委員です









背景を変えてみました








(・・・あれ?背景なんて変わってないぞ・・・?・・・・おかしいな・・・。)




(わしが教えてしんぜよう・・・。)




(だ、誰だ!?)




(変えたと言っても、パソコンの方の背景しか変えとらんからな。ケータイの方は従来通りじゃぞ、少年。)




(・・・も、もしかして・・・・・・あ・・・・あなたは・・・で、伝説の・・・!?)




(ほっほっほ・・・・バレてしまったか・・・・そうじゃ、わしこそが・・・・・部屋干しに人生を捧げた男!生乾き知らずのゴローじゃ!!)




(・・・・・・・あ、すみません。人違いでした。)














気が変わったら、また変えます
23:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.05.06 (Wed)

天に向かって松岡修造を打ち上げたら夏になった



中野でやっていた大喜利の大会に出場




準決勝敗退という締まりの無い結果に終わる




全然何も浮かばなくて、びっくりした




前回は決勝まで残れた大会なので、今回もせめてそこまでは残りたかったのになぁ




もっと、瞬発力を鍛えなければなぁ








ちょいと悔しい




ちょいと

















明日から学校!




明日から授業!




朝が来たら学校!




太陽が昇ったら学校!




だから僕は朝を断る!




太陽も断る!
22:59  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.05 (Tue)

世界の中心でパイプカット



昨日から、病んでいます




精神ではなくて、肉体が









なんだか、胸に何かがつまったような、そんな息苦しさをずっと感じています




ひょっとして久方振りに恋でもしたのか、と考えることも出来ますが




昨日見た人で唯一いまも憶えているのが、商店街でちりめんじゃこを売りさばくおっさんと路上で演歌を唄うおっさんだけなので、おそらく違うのでしょう




それに加えて、喉の痛みや咳、鼻水などの通常の風邪の症状も出てきています




巷で話題の、豚の呪いでは無さそうなので、特に心配するほどのものでもないのですが




症状が中途半端な分




普段の活動に支障こそ無いのですが、とにかく常にしんどいです




なので、頭も当然、いつもよりも回りません














そんな僕が、明日、大喜利の大会に出ます




この露骨なハードルの下げ方




僕という人間の質が分かると思います
23:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.03 (Sun)

ハンデとして、イチロー選手のスパイクの中をタルタルソースでぬちゃぬちゃにしときます



髪を切りました









切った髪の毛を何の気なしに見てみたら、小さく、平井って書いてありました




どうやら、ぼくの髪の毛は平井さんの私物だったみたいです




大変なことをしてしまいました




なにせ、見知らぬ平井さんの私物を勝手に切ってしまったのですから




ぼくは、とにかく謝る為に平井さんを探す旅に出ることにしました











平井さんは玄関にいました




思ってたより、背筋がピンとしてました




ぼくは、思ってたより背筋がピンとしてる人だなー、と思いました




そして、平井さんの私物だとは知らずに勝手に髪の毛を切ってしまったことを謝りました




平井さんは黙っていました




ぼくは、その平井さんの目の前で髪の毛を全部剃って、平井さんに髪の毛を渡しました




反省の意味もありますが、やっぱり平井さんの私物は平井さんが持っているのが道理だな、と思ったからです








全ての毛を渡し終わっても、平井さんは黙っていました




背筋はピンとしたままでした




ぼくも、どうしたらいいのか分からなかったので、黙っていました




玄関でハゲと姿勢の良い男が沈黙していました







しばらくすると、平井さんが鞄から写真を取り出して、ぼくに見せてきました




レントゲン写真でした








「お前・・・・・・広永だよな・・・?」








そこには、心臓にはっきりと、広永と書かれてありました























なので、今の僕には心臓が二つあります
23:55  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.01 (Fri)

鬼の居ぬ間にフラワーアレンジメント



~最近の僕は~














・大学に関して






今期はなんだか懐かしい人とよく出会う




辞めたと思った人がまだいたことに驚いた




今のところちゃんと授業には出ている




交友関係はどんどん狭まってきている




新入生によく間違えられたりしている













・お笑いに関して






おもしろいと思えるものがなかなか作れない




なんかその場に適当なボケをあてはめてるだけって感じのやつばっかり




こないだ、今まで自分の作ったコントやら漫才やらがいくつくらいになったか数えてみた




確認出来る限りだと、92本だった




たぶん忘れてるやつとかもあるだろうから、100は越えてると思う




でもその中で気に入ってるのは、10本あるかないかくらい




その他はほぼ中途半端




2年間お笑いをやって分かったことは、僕は人前で何かするのには向いていないということ













・バイトに関して






今までずっと短期でつないできたのだけれども




いい加減、茨城に住んでいるという理由で断られるパターンが嫌になってきたので、ちゃんとしたバイトを探そうと思う




そのうち












・趣味に関して






最近は読書とピアニカを吹くこと




吹くだけで奏でたりはしない




結構楽しい













・このブログに関して






二日に一回くらいのペースでいこうかな、と




なので、一週間更新されない場合は、たぶん僕はなにかに巻き込まれて死んでしまっている可能性が高いです




そうなったら、たまにでいいので、僕の事を思い出して貰えると嬉しいです




嘘です




忘れていいです
23:55  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。