2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.08.15 (Fri)

13



【異説・山小屋の怪】













A:おさまりそうにないなー・・・吹雪・・・


B:そうだな・・・


C:・・・ついてないっすね・・・


D:おしりがかゆい!!


A:・・・山の天気は変わりやすいってよく言うけど・・・まさかこんな急に変わるとはな・・・


C:今日はもう遅いですし、ここに泊まるしかなさそうっすね


B:まぁ・・・小屋があって良かったよ


D:おしりがかゆい!!


A:でもさぁ・・・なんかこの小屋変じゃない・・・?


C:え?何がっすか?


A:いやだって誰も住んでる気配しないのにベッドとソファがあるじゃん


B:多分、前に来た人が置き忘れたんだろ


C:うっかりさんっすね


A:有り得ねーよ。何で少しの安楽と引き換えに重労働を取るんだよ


D:ちんこもかゆい!!


A:うるせーよさっきから!!かきたきゃ勝手にかけ!!


B:・・・にしても寒いな・・・


C:ホントっすね・・・バナナに釘が刺せますよ


A:普通だよ


D:俺のバナナがかゆい!!


A:だからうるせーよ!!


B:あ、やばい・・・・


C:どうしたんっすか?


B:・・・なんか・・・眠くなってきた・・・


A:おいおいおい・・・危ないぞ?こういうシーンって寝たら危ないんでしょ?確か・・・


B:・・・www・・・www・・・


A:・・・うわ!なんかホームページのアドレスみたいなイビキをかき始めた!!


C:さすが理系だけの事はあるっすね


A:起こせ起こせ!ホント死ぬとも限らないし!


D:羊が一匹・・・


A:逆効果だよ!


D:・・・地雷踏んでドカン!!


A:そうでもなかった!


B:・・・www.co.jp・・・


C:よりアドレスみたいになりましたね


A:もうイビキじゃないだろこれ!あー早く起こさなきゃ!


D:ギタリストが一匹・・・キーボードが一匹・・・ドラマーが一匹・・・


A:いやうるさそうだけど!


D:・・・コントユニット結成


A:バンドやれよ!!


D:・・・満点大笑いでーす


A:レッドカーペット出た!!


B:・・・www.yuujounantekusokurae.co.jp・・・


C:何かあったんすかね


A:あー・・・だいぶ深い眠りになっちゃってる・・・。おい!起きろ!


B:ハッ!・・・あー・・・寝ちゃってたか・・・


A:もー危ないな・・・気をつけろよ?


B:あ、ごめんごめん


C:・・・でもこのままじゃ危ないっすね・・・


D:何が?


C:だって体力が無いまま朝まで起きるって大変っすよ?


A:あー確かに


B:どうすっか・・・


D:じゃあとりあえず朝まで皆で雪まつりしようぜ


A:何でアウトドアなんだよ!確実に凍死するぞ!


C:でも何かし続けるって良いかもしれませんよ?眠気がとれますし


B:それもそうだな


D:あっ!おしりがかゆい理由が分かった!!しもやけだ!!


A:黙れ!!


B:・・・・・・・・・なぁ


C:どうしたんすか?


B:・・・今の俺たちの状況・・・怪談でよく出てくるあのシチュエーションに似てない・・・?


C:・・・え、怪談・・・?


A:・・・あっ!!それ知ってる!山小屋の怪だ!!


C:何すかそれ?知らないんすけど


A:いや絶対聞いた事あるって!


C:そんな有名なんすか?え、どんな話すか?


D:おしりが真っ二つに割れた話だよ


C:マジっすか!?


A:違ぇよ!!恐ろしいけど違ぇよ!!


C:じゃあ・・・どんな話っすか・・・?


B:・・・・・とある大学生が四人・・・雪山に遭難した時の話だ・・・


C:あ、俺らと同じっすね


B:・・・・・猛吹雪の中で、四人はとある山小屋を見つけた・・・。彼らは吹雪を凌ぐ為にその小屋に入る事にした・・・。・・・ところがそこには暖をとるものが無かったので、寒い事に変わりは無かったんだ・・・


C:・・・気味が悪いほど丸被りですね・・・


B:・・・そこで四人は眠気を飛ばす為に朝までとある運動をする事にした・・・小屋の四隅にそれぞれ一人ずつ立ち、時計回りに隣の角まで走り、そこの人間の背中をタッチする。タッチされた人間はまた隣の角に行きタッチして・・・・その繰り返しを朝までするんだ・・・


C:・・・・・・


B:・・・実際にそれで朝まで続ける事が出来たんだが・・・これは理論上絶対に無理な話なんだ・・・


C:・・・・え・・・?


B:・・・四隅に立って、最初の一人が隣の人間にタッチしたら・・・そこには誰にもいなくなってしまうから、四人目でストップしてしまう筈なんだ・・・・・・・・・・・・・・・・五人目がいない限り・・・・・


C:・・・・・・・


A:・・・・・・・


D:・・・・・・・


E:・・・・・・・


B:・・・・・・?


A:・・・・・・!?


C:・・・・・・!!


D:・・・・やっぱりおしりかゆい!!!


E:空気読めよ!!


ABC:えええええーーー!!?


E:・・・えっ!?何!今のツッコミそんなおかしかった!?


A:う、嘘・・・・?で、で・・・!出たぁー!!


C:出ましたね


B:出たな


A:現実を受け入れんの早っ!!


D:で、さっきの何の話だったの?


E:全く聞いてなかったのかよ!!


A:突っ込んでる!!幽霊がおもいっきり突っ込んでる!!


B:ハハハ!


C:ナイスツッコミっすね!


A:そして仲間の輪が出来ようとしている!!


B:うるさいよお前


A:いやいやいや!お前ら怖くないの!?


C:何がっすか?


A:いやだって・・・!・・・幽霊だよ!?


D:え?そうなの?


A:気付かなかったの!?


E:ハハハ!違う違う!違うらめしや!


A:言った!今うらめしやって言った!


C:別に良いじゃないっすか幽霊でも


B:そうだぞ?オケラだってアメンボだって生きてるんだ友達なんだ


A:・・・いや死んでるよ!?この子死んでるよ!?


D:もうおしりかいちゃう!!


A:かいてろ!!


C:えっと・・・いつからここにいたんすか?


E:ん?俺?ずっと前からだよ


B:はー・・・じゃあ自縛霊ってやつか・・・


C:へー、なんか凄いっすね


A:・・・・・・お前ら、凄いな・・・


B:お前もなんか話してみろよ


A:・・・ええ?・・・・じゃあ・・・


D:子供はどうして出来るの?


E:お父さんとお母さんが一世一代の組体操をするからだよ


A:もうお前が自縛霊になれよ!!


C:あの、ちょっとサイン頂けますか・・・?


E:え?俺の?


C:はい!本物に出会った事が無いので・・・


E:あー、良いよ


C:ありがとうございます!


B:あ!良いなぁ!


A:・・・良いか?


C:じゃあ書くものが無いんで・・・俺の背中に書いて下さい!


E:OK!


(Cの背中に呪と書く)


A:怖い怖い怖い!!


B:じゃあ俺にも!


E:よし!


(Bの背中に死と書く)


E:だから怖いって!!


D:俺も!


E:イエーイ!


(Dのおしりをかいてあげる)


A:でも優しい!!


C:じゃあ次は写真も良いですか・・・?


E:カモンベイべ!


A:・・・幽霊ってこんなにイキイキしているもんなの・・・?


B:じゃあ皆で撮ろうぜ!


C:こんなとこだから心霊写真が撮れるかもしれっすね!


A:いや確実に撮れるよ


D:じゃあカメラお願いね


E:まかせろー!


A:撮ってもらうの!?え、そういう事で頼んだの!?


E:笑って笑ってー!・・・はい!お通夜!(パシャ)


A:笑えねーよ!!


C:ありがとうございます!


B:幽霊に写真撮ってもらえるとは・・・まさに逆心霊写真だな


D:逆レイプみたいなもんだね!


A:もっと他にあるだろ絶対!


E:あ・・・


B:どうしたの幽ちゃん?


A:もう愛称付けちゃってるし・・・


E:なんか明るくなってきたよ?外・・・


C:え?・・・あ、ホントだ・・・


D:いつの間に・・・


B:まぁこの山小屋を見つけた時間が既に遅かったからな・・・


E:・・・んーじゃあ早いけどもうお別れの時間かな・・・


C:・・・まぁ幽霊は夜に行動するもんですしねぇ・・・


E:・・・まぁ仕方ないか・・・また一人で暇な生活だな


A:・・・・・・あ・・・


E:・・・ん?


A:・・・ありがとな・・・・アンタのおかげでずっと起きていられる事が出来たよ・・・


E:・・・


A:・・・・・・あんたはここで凍死した人間なんだろ・・・?・・・・それで自分みたいな人間が出ないようにこの小屋に住み続けているんだ・・・・・違うか・・・?


E:・・・・・・


B:俺もそう思う。・・・・ありがとな・・・


E:・・・・・・


C:ありがとうございました!


E:・・・・・・


D:おしりかいてくれて、ありがとう


E:・・・・・・


A:じゃ・・・またな・・・俺らは帰るよ・・・・・・また遊びに来るからさ・・・


E:・・・・・・ああ・・・・・


B:じゃあな!


C:また!


D:今度はおしりかいてやるよ!


A:・・・・じゃあな!!


E:・・・・・・・・・・・・・・・・



























E:・・・・・ああ・・・・・そうだ・・・・・・。・・・・確かに俺は一人で山小屋に入った筈だ・・・・・・・・。・・・・・・・・・・なのに・・・・・・・・・いつの間にか五人になっていたんだ・・・・・・・・・。・・・・・・・・・きっとあの四人はこの雪山で亡くなった人達で・・・・・・・・この山小屋はそんな人達が集まる場所なんだろうな・・・・・・・・・・。・・・・・・・・・お前もそう思うだろ・・・・・・・・・・・?・・・・・・・・・・五人目さん・・・・・・・・・・・・?


























〈なんか一言〉




昨日は体調悪かったり忙しかったりでやっぱりサボりました




駄目駄目だなー




このコントはゴール地点を最初に決めてあとは思うままにって感じで




だから長いね
スポンサーサイト
23:50  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

いい話だ…。
吉川 |  2008.08.16(土) 07:39 | URL |  【編集】

んー・・・
まぁ、ありきたりな話だよなー・・・
広永 |  2008.08.16(土) 10:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://123riku.blog18.fc2.com/tb.php/205-02c3e963

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。