2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.08.05 (Wed)

ホップ!ステップ!トランスフォーム!



「・・・・・・・・。」












・・・やあ。



毎日暑いけど、元気かい?



僕はいたって元気だよ。



今朝なんかもご飯3飯も食べちゃってさ。



ハハハ、これじゃ太るはずだ・・・。



君みたいに僕も一度スリムになってみたいもんだよ。



・・・それじゃ今日も話をしようか・・・。






僕の友達にね、くるす君っていうとても個性的な子がいたんだ。



いや・・・個性的というより変といった方が良いかな・・・?



まぁ、とにかく変わってたんだ。



くるす君とは幼稚園からの付き合いでね、その頃から変なことばっかりしてたんだ。



僕もくるす君もきりん組だったんだけど、くるす君は「きりんはきりんでも俺の場合は難しい方のきりんだしなおかつ俺は麒麟児だから」、とか言って一人でくるす麒麟組を結成してきりん組から独立宣言してたよ。



とにかく凄い自由だったね。ジニーかと思った。



歌の時間の時も「法的には」っていうフレーズがやたら出てくるオリジナルソングを歌ってたし。



絵本の朗読の時も「ドゥ―ン!」と「ドゥドゥ―ン!」の2パターンしかない効果音を自分のタイミングで入れてたし。



お絵かきの時も何を描いても浮世絵にしか見えなかったし。



お遊戯会では木の役だったのに一番躍動感に溢れていたし。



バスの送り迎えでは一番最初に乗るくせにいきなり補助席に乗って通れなくしてたし。



14日間のビオチャレンジを2日で終わらせてたし・・・。



小学校も一緒でさ、そこでも目立ってたなぁ。



運動会とかでも頑なにくるす麒麟組を名乗ってたから、白組vs赤組vsくるす麒麟組っていう前代未聞の勢力図が生まれてたね。



もちろん全然勝負になんなかったよ。



騎馬戦とか集団リンチになってたし、玉入れも自分で支えながら投げてたし、綱引きが綱引きずられになってたし、弁当もひとりで食べてた。



あとはねぇ・・・遠足の時も凄かったね。



前日の先生が遠足の注意事項を確認をしてる際に放った、「俺は風だ」っていう何の脈絡も無い発言はあまりにも有名だね。



あとバナナがおやつに入るって分かった途端に「ビバ!フィリピン!」って言って教室を飛び出しちゃってさ。



まぁその数時間後に最寄りの海岸に打ち上げられていたとこを保護されたんだけどね。



それで当日だよ。



現地の山に着いたら着いてからが大変だったなぁ。



班行動で僕とくるす君は同じ班だったんだけど、とにかくめんどくさかったよ。



食べれそうな草を見つける度に弁当箱につめるし、羽音の大きい虫についていって行方不明になるし、ロープウェイの中におしゃれなカーペットを敷いて豊かな生活空間を演出してたし。



・・・まぁ、大変だったけど今となっちゃ全部良い思い出だよ。



そんでそのまま同じ中高一貫の学校に進んだんだ。



たぶんもう腐れ縁とかいうやつなんだろうね。



個性的なところも健在で一緒にいて面白かったね。



合唱コンクールでもファとファのシャープしかないっていう公害としか思えないオリジナルのパートを作って歌っててさ、それを先生が注意したら「それが国家のやり方か」ってファのシャープの音程で反論したのは今でも憶えているよ。



文化祭の時もすごい活躍してたし。



クラスの出し物でちっちゃいレストランみたいなのをやってね、くるす君はそこでシェフだったんだけどレストランの一番人気のメニューが「シェフのきまぐれ生着替え」だったからね。



そんで修学旅行とかも色々あったなぁ・・・。



京都に4泊5日で行ったんだけどその間に8回出家してたからなぁ。



あと宿泊先でトイレを探しているうちに奈良にまで行っちゃってたりしてたね。



それで帰ってくる時には奈良の鹿を全部傘下に収めてたりしてたしね。



あと清水の舞台を着実に一歩ずつ降りてったりしてたし。



まぁ、とにかくくるす君は変わった子だったなぁ・・・。



でも・・・僕にとっては一番身近な存在だったし、一緒にいて凄い心地が良かったよ。



・・・・・。



・・・・・。



・・・・・。



・・・そんなくるす君がね、高校卒業してしばらくしてから交通事故にあったんだ・・・。



・・・・・。



・・・命に別状は無かったんだけど一切の記憶を無くしちゃったんだ。



・・・だから当然、自分が何者なのか分からないしもちろん僕のことも・・・。



・・・・・。



・・・・・。



・・・・・。



・・・・・・・くるす君?・・・・・少しは僕のこと、思い出した・・・?



・・・・・。



・・・・・。



・・・・・。



・・・・・・まぁ、そんなに急ぐ必要ないか。



・・・時間はいくらでもあるんだしね・・・。



・・・・・・じゃ・・・・・



・・・・・また明日来るよ・・・・。



・・・・・・。









「・・・・・・・。」






















『・・・・・またあの人、人形に話しかけてましたね』



『・・・・・交通事故にあってからずっとああだな、302号室のくるすさん・・・』
スポンサーサイト
23:55  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

>>とにかく凄い自由だったね。ジニーかと思った。

これいいなあ。
僕には永遠に出てこないセンテンスかも・・・。
7942 |  2009.08.06(木) 23:19 | URL |  【編集】

7942さんに褒めて頂けるとは恐悦至極です。
ですが、そんなによいですかね?ジニー。昔から僕の中では自由だとすぐにジニーが連想されるので。

たぶん、それは僕の初めて買ったスーファミのソフトがアラジンで、その中のジニーのステージが難しくて全然出来なかった思い出があるのでそこから出てきたものだろうと思われます、っていう余談でした。
広永 |  2009.08.07(金) 04:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://123riku.blog18.fc2.com/tb.php/520-3a751d04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。