2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.02 (Fri)

フレンチキスの練習がしたいので活きのいい真鯛を下さい



司会者「本日のゲストはウンコを踏み続けて40年の大ベテラン!ウンコ踏み界の巨匠、福田邦弘さんです!」


匠「こんにちは(グチャ)」


司会者「早速踏んでいます!これが匠の技でしょうか!」


匠「いい温度だ」


司会者「そして素足です!ウンコを直接感じています!」


匠「よろし(グチャ)く(グチャ)おねが(グチャ)いし(グチャ)ま(グチャ)す(グチャ)」


司会者「何てことでしょう!!ウンコの上でボックスステップを踏んでいます!もう凡人には理解出来ない領域です!」


匠「38度2分」


司会者「ウンコの温度を当てました!!まさにウンコの全てを理解する男!」


匠「ウンコよりもウンコらしくありたい」


司会者「名言です!!既に匠はウンコ以上にウンコらしい存在なのかもしれません!」


匠「ふんふんふーん・・・ふんふん糞!糞糞!糞!糞!糞糞糞!」


司会者「コンディションはバッチリのようです!それでは今回は匠に利きウンコをして頂きます!こちらで用意した3つのウンコが一体何のウンコなのかを踏んで当てて下さい!いいですね?」


匠「糞糞!」


司会者「自信満々のようですね!さすが匠!それではまず一つ目です!どうぞ!」


匠「(グチョ)」


司会者「さあ・・・何のウンコか・・・お答え下さい!」


匠「鵜」


司会者「正解!鵜のウンコでした!」


匠「52グラム」


司会者「グラム数までどんぴしゃ!匠の名に恥じません!」


匠「ウンコ踏みたい」


司会者「さあ続いて二つ目です!どうぞ!」


匠「(グニョ)」


司会者「さあ・・・何のウンコか・・・お答え下さい!」


匠「セルジオ越後」


司会者「正解!セルジオ越後のウンコでした!」


匠「イカ墨スパゲティ」


司会者「ウンコの素までぴったんこ!いかにもセルジオ越後がチョイスしそうなランチです!」


匠「ウンコ踏みたい、むしろ踏まれたい」


司会者「ではいよいよ最後のウンコです!どうぞ!」


匠「(ベチャ)」


司会者「さあ・・・何のウンコか・・・お答え下さい!」


匠「・・・」


司会者「・・・?急に匠が黙り込んでしまいました。お腹でも痛いのでしょうか?」


匠「・・・う、うう・・・」


司会者「匠が泣いています!一体何があったというのでしょうか!?」


匠「母さん!!」


司会者「これは運命の悪戯か!?何と最後のひとつは匠のお母様のウンコでした!!」


母「邦ちゃん!!」


司会者「何と観客席に匠のお母様が!いま、スタジオに運命の神様が!いや!ウンコの神様が舞い降りました!」


匠「母さーん!!!(ぐちゃ)」


母「邦ちゃーん!!!(ぐちゃ)」


司会者「二人の感動の再会をウンコが彩っています!きっとウンコも二人を祝福していることでしょう!!さて、そろそろお別れの時間が近づいてきました。来週のゲストは鼻くそを食べ続けて35年の職人!鼻くそ食べ界の巨匠、池田義明さんです!それでは皆さんまた来週お会い(ぐちゃ)うわウンコ踏んだ!!最悪だよ!!せっかく革靴新しくしたのにふぜけんなマジぶっこr」


『放送中に不適切な表現がありました。視聴者の皆様には深くお詫び申し上げます。』
スポンサーサイト
00:42  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

構成が完全に川北の影響うけてますね。
バター犬 |  2010.07.11(日) 14:56 | URL |  【編集】

一度パクってみたかった。
反省はしている。
広永 |  2010.07.11(日) 17:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://123riku.blog18.fc2.com/tb.php/682-8ac115ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。