2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.05 (Thu)

エレクトリカル墓参り



怪獣「ガオー!ガオー!」


子供A「わー怪獣が暴れている!!」


怪獣「ガオー!ガオー!」


子供B「このままじゃ怪獣に街を滅茶苦茶にされちゃうよー!誰か助けてー!」


面白くないマン「おれ参上!」


子供C「あっ!面白くないマンだ!!助けて面白くないマン!!」


面白くないマン「私が来たからには・・・もう大丈Ⅴっ!!!!!!!」



子供A「つまんね」


子供B「つまんね」


子供C「つまんね」


怪獣「つまんね」


地球防衛軍「つまんね」


ヒロイン「つまんね」


ナレーター「つまんね」


プロデューサー「つまんね」


お茶の間「つまんね」


スポンサー「つまんね」


老婆「おもしろいねぇ。ゆう君の言うことがつまらないわけなかとよ。ゆう君はやれば出来る子じゃからねぇ」



面白くないマン「か、母ちゃん!!!!!」
01:54  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.08.03 (Tue)

プライバシー保護のため下半身の皮膚の色を変えています



『メールボックスが沢蟹でいっぱいになりました』



・・・え?



『メールボックスが沢蟹でいっぱいになりました』



・・・



『メールボックスが沢蟹でいっぱいになりました』



・・・削除



『全ての沢蟹を削除しますか?』



はい



『沢蟹は削除出来ません』



え・・・?



『全ての沢蟹をボイルしますか?』



え・・・ぼ・・?



『全ての沢蟹をボイルしました』



ぼ・・ボイ・・・






『メールボックスが古龍でいっぱいになりました』



こ、・・・



『メールボックスが古龍でいっぱいになりました』



・・・



『メールボックスが古龍で』



削除



『全ての古龍を削除しますか?』



はい



『古龍は削除出来ません』



あ・・・



『全ての古龍に生贄を捧げますか?』



い・・・?



『全ての古龍に生贄を捧げました』



い・・・






『メールボックスが笑福亭一門でいっぱいになりました』



しょ、・・・



『メールボックスが笑福亭一門でいっぱいn』



削除



『全ての笑福亭一門を削除しません』



え・・・



『全ての笑福亭一門を破門しますか?』



は・・・



『全ての笑福亭一門を破門しました』



お、おう・・・
03:04  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.08.02 (Mon)

それは投げる用の天ぷらです



うわああああああああああああああああああーーーーーーーっ!歯が痛いっ!!!!歯が痛いぃぃぃーーーーーーーっ!!!!死ぬっ!!死ぬぅぅぅーーーーーー!!!!!



「やあ」



歯が痛い時にぃぃぃぃーーーーーーーーーー!!!!!!!!!誰か出てきたぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!



「歯の痛み以外なら全てを治せる魔法の杖をあげるよ」



いらねぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!!!



『こんにちは』



歯が痛い時にぃぃぃぃぃぃぃーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!二人目出てきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!



『Pコート着たらすごい暑いんだけどどうしよう』



Pコート脱げぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーっ!!!!!!!!死ねぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーっ!!!!!!



『教えてくれてありがとう。お礼にこれをあげるよ』



なんだこれはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!



『ケロッピー変身セット』



いらねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!
01:12  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.10 (Sat)

右の義眼だけヤギに食われる



校長「みなさんが静かになるのに7年かかりました」



校長「いくら高校の面白くも何ともない防災訓練だからってもう少しちゃんとして下さい」



校長「これが本当の大地震であったならとっくに皆さん死んでいるところです」



校長「7年もあったら一体何が出来ると思いますか?」



田中「高角度ラリアットの研究!」


吉田「全国に散らばったボイラー技士をボイラーで殺す!」


山田「ダムを2メートル移動させる!」


小野「週刊モーニングの読者コーナーに3回載る!」


室岡「上司から貰ったフルーツトマトを腐らせる!」


池口「ウォーリーを探せの中から自分に似た人を見つける!」


堀江「伝説のパジャマパーティー荒らしとして村で名を上げる!」


町田「左折だけで亡命!」


天野「乳酸菌シロタ株と心を通わせる!」


青木「卒業!」


青木の友達「いやお前何年か留年する気かーーーーい!!!!!!!」







青木「お、おう・・・」
12:52  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.08 (Thu)

顔面セーフ!下唇アウト!右うなじアウト!左うなじセーフ!



お兄ちゃんが死んでから、12年も経つ。



あれからこの街もだいぶ変わってしまった。


駅前のビルはリニューアルしておしゃれな店がいっぱい出来たけど、屋上には行けなくなった。


公園に行くまでに通る商店街も、今は靴屋と紳士服のコマダくらいしかやってない。


お母さんに内緒でお兄ちゃんとアイスキャンディを買った駄菓子屋もとっくに潰れた。


私たち兄妹の思い出が詰まった街は、どんどんお兄ちゃんの知らない街になっていった。


お兄ちゃんが好きだった、あの街の姿は、もうない。




『おれ、いつか大人になってもこの街に住みたいな~。やっぱりさ、好きなんだよな。ここ。』




公園に着いた。


相変わらず誰もいない。


ブランコ。鉄棒。シーソー。砂場。水飲み場。木。虫。兄。


お粗末な公園ではあるけれど、お兄ちゃんがいただけでここは夢の国になった。




『雪にシロップかけて食べるみたいなのよくあんじゃん?そんな感じで砂に苺シロップかけてみたんだけどうわっまずっ!!くそまずっ!!砂死ね!!砂消えろ!!』




子供達の声が聞こえる。


私達が昔通っていた小学校がこの近くにあるのだ。


おそらく、放課後に残って校庭でドッヂボールでもしているのだろう。


懐かしい。




『おれすげえこと考えた!ボール全体にキスしてそれを女子の唇にぶつけたら強制間接キスじゃん!!やべえおれマジ神なんですけど!!・・・あれ?ってことは股間狙ったらもはやあれじゃね!?うはっ!!』




蛍の光が流れてきた。


この17時を知らせる時報だけが、昔から変わらずこの街に根付いている。


私達はこの曲が流れてくるまで、毎日冒険に冒険を重ねた。


・・・帰ろう。




『あれ?この曲なんだっけ?誰の歌?ヒカルゲンジ?てか平井堅って茹でたら固くなりそうだよね』




「ただいま」


「・・・あら?来るなら連絡してくれれば良かったのに」


「うん。ごめんね」


「・・・ほら、お兄ちゃんに挨拶してきなさい」


「うん・・・」



写真の中では、小学五年生で時が止まったお兄ちゃんが微笑んでいる。


ああ、お兄ちゃんとの思い出が溢れてくる・・・。




『スイカってほぼ水じゃん?だから普通の水もほぼスイカってことだよな?じゃあ食塩水ってほぼスイカに塩かけたやつじゃね?てかスイカって叩くと割れるよね』




『対戦したい相手?人妻かなぁ』




『決めたっ!!おれ海賊になるよ!もしくは公認会計士!』




『カビゴンってどうやったらどくの?テコ?』




『ねぇねぇ。赤ちゃんってどうやったら出来るの?騎乗位?』








「あの・・・さっきから貴方誰ですか?」




『あ、ただのストーカーです』


「おまわりさーん!!」
14:05  |  色々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。